サロンプロデュース」では、サロンの多店舗展開されている企業様からの物件探しのご依頼を受けることも多くあります。


その際、窓口になられるのは「開発担当者」や「経営陣」の方が多いのですが、さすがに多くの物件探しをされてますので物件探しもプロ級です。


今回は、多店舗展開されている企業の開発担当者に共通している事についてお話ししたいと思います。


まず、噂や根拠のない立地の情報をうのみにせず、情報に対しての裏どりや立地調査を徹底的にします。


確かに開発担当者が上部に報告されるとき、「この町はこういうターゲット層が多いと、誰かが言ってました」なんて報告したら、仕事しているのかと言われてしまいますよね(;^_^A


ですから開発担当者の方と希望立地について、打ち合わせする際はその希望立地周辺について本当に詳しく、その候補地周辺でも望ましい希望立地を特定しています。


また、内覧時などには私どもに対してイメージを近づけさせるために、狙っている立地の場所を見せたり、理想とするテナントビルを見せることも多くあります。


言葉だけでなく視覚でも伝えていただけるので、私どもも非常に理解しやすく物件探しもはかどります。


中には「秘密保持契約」等を締結し、出店地域の戦略やターゲット層、事業計画書まで提示して頂き物件探しを依頼される事もあります。


そして、なによりも明確な戦略ビジョンで出店条件が定まっているため、条件を満たせばすぐ申し込みといった様な基準が必ずあります。


基準があると不動産業者も探しやすく、必然とよく動くようになります。


まだ他にもありますが、良い物件を見つけなければいけない開発担当者は工夫をし考え、必死に同業他社に負けないような物件探しをしています。


他の人がどんな物件の探し方をしているか、聞いてみてはいかがでしょうか?


もちろん弊社では、お客様にアドバイスや提案をしながら物件を探します(o^-')b


そんな、出店における最低限必要な不動産知識と、居抜き物件の注意点、活用法を1月17日にお話します!


美容に特化したプロ達が集まったセミナー!

第11回サロンアプリケーションズセミナー~出店、開業、経営編~のご案内



サロン専門賃貸店舗物件情報サイト

「SALON PRODUCE」サロンプロデュース


AD

コメント(2)