サロン店舗の物件探しをしていて複数の候補が出てきた際、当然迷われるお客様がいらっしゃいます。


もちろん賃貸条件の兼ね合いもありますが、「立地か店構えか」という場面を多く見かけます。


この時立地によほどの差があったり、立地のよほどのこだわりがあれば別ですが、私は店構えが良い方をお勧めします。


店構えが良いとは、テナントビルであればビルの入り口から店舗までのアプローチ、1階路面店舗であれば周辺の店舗と比べての見栄えの良さです。


サロンの店舗は、どの駅周辺でもそれぞれの業種の競合店舗が多く存在します。


お客様が通いたい、従業員が働きたいと思うお店というものはどの様なお店でしょうか?


もちろん、価格や技術、従業員であれば給料や待遇等の関係もありますが「見栄」という心理もあるように思います。


また、お店が存在することの「認知」が何よりも大切です。


お店は視覚で数回来店し、何度目かで体が来店するものです。


現在では見かけたお店をホームページで確認してから、お店に行くというお客様が増えています。


そのためにも「認知されるお店」を選ぶ事が大切に思います。


サロン店舗の物件探しは

「SALON PRODUCE」サロンプロデュース





AD