以前に電話のご相談で、んな質問がありました。


「実は賃料発生日が1ヶ月後の物件を先日契約したのですが、違う物件が気に入ったのでそっちを断って契約したいのですが、契約期間前なので無条件で解約できますか?」


答えはNOです。


原則として建物の賃貸借では、賃貸借契約書に貸主、借主の双方が記名押印した時点で、契約が成立したとしています。


なお、実際の賃貸借契約の現場では、貸主が契約の場に立ち会わず、契約書への記名・押印が遅れる場合があります。


この様な場合、貸主が賃貸することを承諾しており、借主が不動産仲介業者より物件の重要事項説明書の説明を受け、物件及び契約の内容を充分に理解したうえで、借主から契約金の支払いがされ貸主から鍵の引渡しを受けてる場合は、賃貸借契約書に貸主の記名押印が無くとも成立しているといえます。


また、どうしても契約した物件を解約したい場合には期間内解約の特約に従う必要があります。


この場合の契約期間以前の解約の場合はその様な条項が無いため、「契約期間以前の解約は出来ない」といった解釈になります。


事業用賃貸借契約の場合、一度契約をすれば当然契約書の内容に副って履行しなければいけませんから、契約解除の条項がなければ、解約できないということになります。


確かにこれから借りる物件より良い物件を見てしまったら、目移りする気持ちはわからないでもないですが、こんなことにならない様にしっかりと考えてから契約しないとですね(;^_^A


サロン店舗の物件探しは

「SALON PRODUCE」サロンプロデュース

AD