居抜き店舗を売却する際、取引の最後になるのが引き渡しです。


この取引の最終段階をきちんと行うことが、後のトラブル防止になります。


居抜き店舗の引渡し時には、契約書に添付した目録と一致しているかどうかをその場で居抜き店舗の新しい借主又は新しい借主の指定する者に検収していただきます。


検収後は鍵を引渡し、造作譲渡契約書にに基づいた履行がすべて完了したという書面「履行確認書」に署名捺印してもらうことが大切です。


この様な履行確認書を貰わないと、後に「あれが足りなかった」とか思わぬトラブルになる可能性もあります。


居抜き店舗は売り主の債務不履行がない限り、現況で引き渡した後はすべての造作物の責任が新しい借主に承継されます。


その事を引渡し時に当事者双方が確認することが大切です。


「サロンプロデュース」では個人間の居抜き売買・造作譲渡契約のアドバイス・コンサルタントも行っておりますので、是非ご相談ください。


居抜き店舗の造作譲渡のご相談は

「SALON PRODUCE」サロンプロデュース

AD