1階路面店舗物件にてサロンを開業される場合、気をつけなければいけないのが敷地の境界線です。


敷地の境界線は、店舗使用する建物の隣接する他の所有者の土地、道路面に必ずありますが、造作物等がその境界線を越えてはいけません。


例えば、美容室で複数のシャンプー台の設置やエステサロンでシャワールームを設置される店舗は、当然ながらボイラーが必要になります。


ボイラーを設置する際、室内に設置する場合には問題ないのですが、外部に設置する場合は、隣地の敷地境界線を超えては設置できません。


エアコンの室外機も同様です。


他にもゴミ置き場、店舗のファサード部分にも気をつけましょう。


とはいっても「プロの業者が設置するのだから平気でしょ」うと考えがちですが、町を歩いていると意外と多く目につくから驚きます。


今までの隣接している土地の所有者が何も言わなくとも、所有者が変わり撤去を求められる事例もあります。


境界線が見えるようになっていれば分かりやすいのですが、物件によっては分かりにくい場合が多いので確認が必要です。


ボイラーやエアコンの室外機等は再度設置場所を移動すると、かなり手間がかかりますのできちんと内覧時に確認しましょう!


サロン専門賃貸店舗物件情報サイト

「SALON PRODUCE」サロンプロデュース

AD