店舗物件を借りる際、交渉等により貸主と借主の取り決め事が発生する場合があります。


その場合、後にトラブルにならない様、覚書を交わすといった手段が多く見られます。


しかし、この覚書を取り交わすにあたっては気をつけなければいけないことがあります。


特に賃貸借契約に関わる覚書を交わす際は、賃貸借契約を締結した後に取り交わす様にしましょう。


判例でもあるのですが、先に賃貸借契約に関わる覚書を交わし後日賃貸借契約を締結すると、賃貸借契約の締結によって覚書の効力を打ち消す場合もあるのです。


この様に契約事の書面は、順序というものが非常に重要になる場合があるので気をつけましょう(o^-')b

AD