美容室やエステ、リラクゼーションサロン、ネイルサロン等のサロン店舗を居抜きにて開業をお考えの際、気をつけなければいけないのが賃貸条件の確認と交渉です。


居抜き店舗の場合は、前借主の条件のまま募集される場合もあります。


その前借主が、賃料相場の高い時期に出店されている場合もあります。


現在のような空き物件が増えてくると、立地にもよりますが周辺の物件賃料相場も下がっている傾向にあります。


居抜きは、物件によっては初期費用が大幅に削減される為、その物件が近傍の賃料相場とバランスが取れているか確認するのを怠りがちです。


いくら初期費用を安く済ませても、ランニングコストが高くなってしまっては意味がありません。


居抜き店舗を借りる際は、しっかりと近隣相場も調べてから契約をしましょう!


サロンの店舗探しのご相談は

「SALON PRODUCE」サロンプロデュース

AD