最近、弊社のサイト「サロンプロデュース」の掲載物件でも増えてきたのが、造作放棄の居抜き店舗です。


造作放棄とは、文字通り前テナントが店舗の造作をした内装や什器備品、設備等の所有権を放棄し、その代わり原状回復を免れる事です。


通常、造作放棄した居抜き店舗は無償譲渡の場合も多く、借りる方に大きなメリットもあります。


しかしその反面、故障や設備の不良、配管不良なども保証されるものではないので注意も必要です。


また、造作放棄の居抜き店舗では解約時にはスケルトン戻し又は事務所仕様の原状回復義務を特約条項で設定される場合が多いので事前に確認いたしましょう。


造作放棄に至った経緯なども聞いておくことも大切です。


サロンの居抜き店舗のご相談は

「SALON PRODUCE」サロンプロデュース

AD