面談の入居審査

舗物件の入居申込み後、入居審査を行いますが、貸主や不動産会社、管理会社によって基準はまちまちです。


もちろん、一番重視されるのは入居者の実績や連帯保証人の資力なのですが、新規開業の方はその様な実績を証明する事は難しいものです。


かといって空き物件が多い中、貸主や管理会社も断りたくない実情もあります。


最近では、新規開業の場合「面談による審査」も多くなってきたように思います。


面談で審査する場合、緊張する中で質問や事業内容や事業計画の説明を不備なく口頭で行うのは難しいものです。


面談で行う場合には、代表者の経歴書、事業計画書などは事前に用意することをお薦めします。


実際、最近新しい事務所を借りた私も面談の審査を行い、事前に書類をそろえて挑みました。


今日も夜からお客様が面談の審査です。


良い結果が出るように私も精一杯頑張ります!

AD