サロンの居抜き店舗にもいろいろあり、「残置物物件」というものがあります。


残置物(ざんちぶつ)物件とは、文字通り何等かの理由により造作や什器備品、設備等をそのまま置いて撤退した物件を言います。


そして、この残置物がある物件の場合は大抵「無償」にて残置物を譲り受けることが出来ることが多いようです。


しかし、間違ってはいけないのがあくまでも「残置」していった物ですので、造作、什器備品、設備の正常な可動を一切保証しないということです。


また、「残置物のある物件」の場合は、前テナントが営業を終了して時間が経っていることもあるので注意しなければいけません。


それでは、残置物のある物件では何に気をつけ、うまく活かせば良いのでしょうか?


主に気を付けなければいけない点は、大きな設備(エアコン・ボイラー)と、カビ、ゴキブリ、排水管等です。


エアコン・ボイラーなどは使えれば、非常に大きな節約になります。


しかし使えなければ、撤去費用と設置費用が同時にかかってしまうことになります。


カビは、一度大きく繁殖してしまった場合は取り除くのは容易でなく、下手すれば全部取り壊し防カビ処理をしなくてはいけない場合もあります。


ゴキブリに関しては、飲食店ほどはありませんがしばらく使われてない店舗の場合、ゴキブリの巣窟に化していて駆除が厄介な場合もあります。


サロンの場合はそんなに心配ありませんが、以前飲食店の長期休業中の居抜きを見た時、壮絶な場面を見たことがあります・・・


排水管に関しては、下層階への水漏れの心配や詰まり、臭い等です。


他にもありますが、これらのことがクリアーされていればサロンの場合、無償で造作を手に入れ上手に改装すれば、とっても良い物件ということになります。


もちろん、これらをご自分で確認するのは難しいでしょうから、設計施工会社の方と調査して見積もりを取ることがいいでしょう!


また、残置物物件では造作譲渡契約等も発生しませんので、余計な手間や費用も省けることもあります。


ある程度改修を視野に入れて居抜き店舗を探している方にはオススメの物件です!


もちろん弊社運営サイト「サロンプロデュース」にも「残置物物件」があります!


美容室、エステ、リラクゼーションの居抜き、スケルトン物件は

「SALON PRODUCE」サロンプロデュース



AD