物件が決まってサロン開業の準備を始める際、なるべく空家賃の期間を少なくするため賃貸借契約締結の日より前に開業準備をしなくてはならない場合もあるかと思います。


本来は賃貸借契約を締結してから準備に取り掛かる方が一番問題が無いのですが、賃料発生もしてしまいますのでどうしても見切り発車しなければいけない状況が多いようです。


その際、賃貸借契約締結数日前、または当日に賃貸借契約書を初めて確認し、実際認識していたことと違い、トラブルになる事例もあります。


開業を控えている中での契約トラブルは、大きな損失さえ出す可能性もあります。


それでは、なるべくトラブルを回避するためにはどうしたら良いのでしょうか。


方法の一つとして賃貸借契約時に必ず受ける事前説明で、「重要事項説明書」の説明を賃貸借契約日ではなく、相当日前に説明を受ける方法があります。


「重要事項説明書」の説明を聞いて署名捺印を行っても、「説明」を聞いたということだけであって契約とは別のものです。


ですから、契約締結日前に説明を受けてもリスクがあることはまったくありません。


「重要事項説明書」にはその物件を売買や賃貸借するにあたって、まさしく重要な事が記載されてますので、説明を受ければ契約にかかる金員の相違や、設備の修繕負担区分なども明確に記載されてありますので、トラブルが起こりにくくなるといえます。


他にも事前に「賃貸借契約書」「重要事項説明書」の雛形を確認するだけでもトラブル回避にはなります。


チェックの仕方はブログの

「賃貸借契約書について」

「重要事項説明書とは」

「店舗の賃貸借契約前に確認しておくこと」

に記載されておりますので、よかったら参考にしてください。


サロン開業の物件のご相談は

「SALON PRODUCE」サロンプロデュース

AD