店舗の物件探しの際、稀に資料に「契約は公正証書による」と書かれている場合があります。


定期建物借家契約等では多い公正証書での契約ですが、普通賃貸借契約でも貸主が希望されることもあるようです。


公正証書とは、公証人が作成した文書のことで、これに対して私人が作成した文書を法的には「私文書」(私製証書)といいます。


公正証書は、法律に反しないものであればどのような契約でも作成することは可能です。


賃貸借契約では、公正証書にしなくても有効でありますが、公正証書にするメリットもあります。


メリットとしては、公正な立場に立つ公証人が当事者本人であることを確認して作成しますので、その書面の成立に対し疑いがありません。


ですから定期建物賃貸借契約などでは、用いられることが多いようです。


とかく不動産の賃貸借契約等では契約書面があろうとも、解釈の違いや口頭での約束でトラブルが多いものです。


その様なことが無い様に最近では公正証書にて賃貸借契約をする物件があるようです。

AD