最近では、店舗物件を借りる際、賃貸保証会社の加入が条件の物件が多くなってきました。


住居を借りる際の賃貸保証会社は、文字通り連帯保証人代わりになってくれるものですが、店舗物件ともなると少し違うようです。


いろいろな賃貸保証会社があり、料金体系も大きく違いますので一概には言えませんが、店舗の場合法人でも連帯保証人をいる場合といない場合では、かなりの違いがあります。


保証会社なのに連帯保証人も用意するなんて・・・・と思いますが・・・


店舗の場合連帯保証人を用意した場合、2年契約で賃料共益費の合計額の30%~100%が保証料として別にかかります。


連帯保証人を用意しない場合は、2年契約で賃料共益費の合計額の100%~150%も支払わなければならない場合もあるのです。


ですから入居するに当たって、賃貸保証会社の加入が条件になる場合は、予め料金の確認と一番安い保証会社の利用の交渉なども必要になります。


もちろん初期費用節減の為にも、保証会社を利用せず連帯保証人を用意するのみで入居できる交渉もするべきでしょう。


なんてたって保証金や敷金も納めているわけですから(o^-')b

AD