「不動産はハンコを押すまで分からない」


こんな言葉を不動産業に従事したころ、諸先輩方からよく言われたことがあります。


確かに順調に取引が進んでても、いろいろな物件の調査するうちに突然大きな問題が発覚したり、お客様からの前日の契約のキャンセルなど、本当に契約が締結するまで分からないものです。


店舗の場合、契約以前に借りられる事を前提とした準備をする場合がありますが、直前になって断られるトラブルも伺った事があります。


幸い弊社ではありませんが・・・・


その場所を借りられるのを想定して開業準備をした場合、断られてしまうと相当の損害が出てしまいます。


しかし、空家賃を払う期間を短くしなければならない中で、そうは言ってられないことも事実です。


契約行為を行う場合は、いろいろなリスクを想定して対策を考え進める事が大切です。


進捗状況のチェックや事前に余裕を持った契約書面のチェックを、必ず行うようにしましょう。

AD