店舗の賃貸借契約は、基本的に原状回復義務について条項があり、造作譲渡を禁止しているものが多くあります。


その場合居抜き店舗として、造作や什器備品を売却するには貸主の承諾を得なければ当然、造作譲渡はできません。


この承諾を得る一番の要素は「今までの信頼関係」にあります。


先日のお話ですが、居抜き店舗として売却をお考えの方が不動産管理会社と貸主に承諾を得に行ったとき、貸主と不動産会社が快く承諾してくれた上、新しい借主が決まりやすいように好条件の新賃貸条件も設定していたとの事です。


居抜き店舗はいくら造作が良かったり安くとも、賃貸条件が周辺より高ければ決まらない場合もあります。


最近では店舗の賃貸相場も一時よりは下がり始めている地域もあります。


ですから、適正な賃貸条件にて居抜き店舗を売却するには、管理している不動産会社のアドバイスや貸主の協力が絶対不可欠です。


何でもそうですが、良い信頼関係を築くと何かあったときに大きな力になるものですね!

AD