エステサロンやリラクゼーションサロンを居抜き店舗の物件にて開業する際、申し込む前に確認しなければいけないことがあります。


それは消防法の基準についてです。


前の借主も営業していたから大丈夫と思いがちですが、営業後の改装や棚等の造作の増築などで基準に満たしていない場合もあるからです。


特に施術スペースの為に間仕切りを多く使用するエステサロンやリラクゼーションサロンは、スプリンクラーの設置や、店舗の階数によって防災カーテンの使用も義務付けられたりするので事前に専門家の確認が必要です。


スプリンクラーを大量に増設するか、施術スペースの間仕切りを改装するか等の思わぬ出費が出ないように慎重に物件調査は行いましょう!

AD