店舗の賃貸借契約において、トラブルが発生しやすいのは契約時、更新時、解約時が多く占めます。





もちろん、賃貸借契約のトラブルは不動産仲介会社が予防しなければいけないのですが、実際は自分の身は自分で守ることも必要になります。





店舗の賃貸借契約は、互いの合意した内容を書面にした賃貸借契約書のほか、事前に「重要事項説明書」をもって宅地建物取引主任者が説明する義務があります。





重要事項説明は、契約成立するまでの間にしなければいけませんが、契約日と同日で直前に説明されることが多いのが実情です。





重要事項説明書は、契約とは違い「契約するかどうかを判断する」大変重要なものです。





直前にではなく、早めに受けておくことが「トラブル防止」につながります。





不動産仲介会社にもその旨を伝えれば、必ず事前に行ってくれるでしょう。





そして、分からないことや疑問に思うことは、必ず質問し充分に理解したうえで契約をしましょう。





ちなみに、重要事項説明書に記名押印しても、契約は成立してませんので、契約に進まない場合は、預り金等がある場合でも全額返金されます。





また、物件を内覧時の1回のみしか見ずに、契約してトラブルになっているものもあります。





充分に現地の設備調査をして契約することも大切です。





今回の第22回サロンアプリケーションズセミナー出店、開業、経営編では、開業・出店する前に最低限知っておいた方が良い知識を各分野の専門家がお話しします。





私は、もちろん最低限必要な不動産知識についてお話しします!





美容室の出店に必要な不動産知識をまとめた資料、美容室出店不動産読本(44ページ)も無料で差し上げます。





第22回サロンアプリケーションズセミナー出店、開業、経営編のご案内





サロン専門物件情報サイト「サロンプロデュース」


AD