美容室やエステサロン、リラクゼーションサロン、ネイルサロン等のサロン店舗を居抜き物件として、造作や什器備品の売却を考えているサロンオーナー様に「いくらで売れるか査定して欲しい」という要望をよく承ります。


査定といっても居抜き店舗物件の価値は、造作を買われる方の価値観や考えによっても大幅に違いますので、あくまでもアドバイスという形にはなりますが、おおよその査定価格は算定いたします。


まず、サロン店舗の造作譲渡場合、売却価格が一坪あたり30万以上になることは難しいといえます。


それは、即営業できるような状態の物件でも、必ず看板等の手直しが必要であり、一部分の改修費用は意外と費用がかかる為です。

(もちろんエステなどの場合は高価な機材がある場合や営業譲渡とは別ですが)


やはり、スケルトン物件からはじめる場合より、費用が少なくなるのが大前提になります。


そしてプラス要因やマイナス要因となるものとして大きく上げると


施術面数


賃貸条件(賃料もそうですが、初期費用削減が目的の多い居抜き市場ですので、保証金の額も大きく影響します)


立地条件


営業年数


時期や景気動向


内装のデザイン性や維持状態


居抜きとしての募集期間


引き継ぐ原状回復義務の条件


そして意外と肝心なのが、エアコンやボイラーの使用年数です。

(内装が古い物件でもエアコンやボイラーが取替え等で新しい場合、価値が上がる場合もあります。)


以上を勘案して査定しアドバイスさせて頂きます。


また、あまりにも高額な造作の売却になると、貸主の承諾が下りない場合があるので注意が必要です。


買主とマッチングすることが前提ですので、適正な価格設定は大変重要です!


サロンの居抜き店舗物件の無料査定は

「SALON PRODUCE」サロンプロデュース

AD