店舗の物件は、貸主が企業である場合もあれば、個人のオーナーの場合もあったりもします。


我々不動産業者は、仲介手数料を貰う立場の中で交渉の取り纏めや不動産の安全な取引を、借主であるお客様と貸主の間に立ち業務を遂行致します。


しかし、業務的な部分以外にも「感情的」な部分も不動産の取引にはあり、時として取引上大きな部分を占める場合があることも実情です。


たとえば、好条件の物件の場合には、募集中多くの入居申込みが殺到するときもあります。


その様な時貸主は、交渉内容や事業内容、資力などを公平に判断する場合もありますが、個人的に「気に入った人」を選ぶ場合も少なくはありません。


「気に入った人」というと語弊がありますが、物件の内覧時には貸主や貸主の企業の担当者が立ち会う場合もあり、「内覧時の印象」が入居者決定の判断を左右するということです。


不動産物件の賃貸借契約は、条件や決まりごとを信頼関係の中で締結します。


借主が賃料の遅滞や、公序良俗を乱す様な行いをした場合には「信頼関係が破壊された」として解除の条件にもなります。


その中で内覧時に「信頼して取引できる相手先かどうか」を判断する場合があるということです。


もちろん逆もありますが・・・・


ですから、内覧時にはある程度のビジネスマナーを持って挑む事が、「良い物件を良い条件で取得するコツ」ではないでしょうか!


もちろん間に立つ、不動産業者のマナーも大事ですけど(;^_^A



AD