店舗の物件を申し込む際に、仲介業者から申込金、申込み証拠金、予約金、交渉預り金などの名目でお金を入金することを求められる場合があります。


そして結構多いトラブルが、このお金の返還を巡ってのトラブルです。


申込者が申込みの撤回をしたとき、不動産業者はこのお金を返還することが義務付けられています。


預り金は、借主の意思の確認として求められる場合が多いのですが、業界団体では「原則として仲介業者は預り金を受け取ってはならない」と指導している所もあります。


また、最近では借受け希望者に対する、戸籍謄本(抄本)の提出や本籍地の記載等は要求しないように指導されています。

AD