善管注意義務とは

店舗の賃貸借契約書の中にも良く出てくる「善管注意義務」。


普段の生活にはあまり出てこないため、契約書の案文の確認の際お客様からよく質問がある言葉の一つです。


「善管注意義務」とは、正確には「善良なる管理者の注意義務」を言います。


意味としては、特定物の引き渡し義務があるものはその引渡しが完了するまでは、その特定物を社会通念上必要とされる注意をして保存をしなければいけないと言うことになります。


不動産の賃貸借契約においては、物件を借りて将来明渡すまでの間、社会通念上要求される程度の注意をもって建物を保存してくださいということになります。



AD