美容室を開業、出店するにあたり独自のブランドではなく、フランチャイズに加盟するという出店の形もあります。





フランチャイズについては以前のブログタイトル





美容室やサロンのフランチャイズとは







美容室やサロンのフランチャイズ加盟のメリット・デメリット







で、お話しさせていただきましたが今回は、良いフランチャイザーの条件についてお話しさせていただきます。





良いフランチャイザーの条件とは





●ブランド力がある(なんといってもこれが大事ですね)







●事前説明がしっかりしており、現在加入しているフランチャージーの店舗見学や面談等させてくれる。







●加盟金やロイヤリティが高くない


(ロイヤリティは5%以内)







●物件の商圏調査や立地調査、交渉等を行ってくれる。


(契約は家主と加盟者が行うのが必須です)







●内外装の設計・施工費用が通常より割安である。







●設備・器具が統一のものを使用するため割安である。







●フランチャイズ店舗の従業者の為の技術講習や資格制度があり、各店舗の技術が一定である。







●開業サポート・運営サポートが明確であり、サポート費用が格安である。







●今まで運営してきたデーターをきめ細かに分析してあり、明示してくれる。





この様な条件があり、その履行状態を確認取れれば良いフランチャイザーだと思います。





また、不動産業者の観点から申上げると「ブランド力」が強いブランチャイザーであれば、賃貸条件の交渉も有利になる可能性もあります。





多店舗経営をなさるのであれば、自社ブランドとフランチャイズのブランドとの店舗を分ける方法等も一つの良い手段です。





店舗経営の上で、いろいろな運営方法を考え選定することも大切なことですね!




弊社ではフランチャイズ加盟に関するご相談も承ります。





美容室開業のことなら


「SALON PRODUCE」サロンプロデュース

AD