サロンを開業するとき自己資金で全て賄えるかたは、そう多くはありません。


大抵のお客様が日本政策金融公庫や区の制度融資、銀行からの借り入れであったりします。


それぞれの融資先により融資実行までの期間が違い、長いものでは2ヶ月先になる可能性があります。


希望の物件が見つかっても、その物件の貸主が借りられるか分からない融資実行を1ヶ月~2ヶ月待ってくれない場合もあるのです。


その際、交渉するのが「停止条件つき賃貸借契約」です。


「停止条件」とは、法律行為の効果の発生が、将来の不確実な事実にかかっているときの、当該事実をいいます。


この場合の停止条件つき賃貸借契約とは、融資実行が行われるのが条件で契約が成立するという事です。


万が一、融資が実行されない場合は最初に遡り、契約は無効ということになります。


この様な条件の場合、前テナントの解約予告期間が残っている場合や、その業種を貸主が望んでいたりすると交渉が通りやすい傾向にあります。


交渉する際は、「融資が実行される可能性が高い事を証明する事」や、事業計画書等を用意する事が望ましいといえます。


そして、それらを添付し書面にて交渉しましょう。


口頭だけで「融資実行するまで待って」では、貸主も認めにくいですからね(o^-')b



AD

コメント(2)