今日は、個人間の居抜きの売買にて、お知り合いの方にお店を譲渡して頂く方からの相談電話がありました。


私のブログを熟読して頂いたそうで嬉しい限りです。


お知り合い同士の居抜き物件の譲渡ともなると、お互い譲渡の手順やどの様な書面を交わせばよいのか分からないものです。


普通のスケルトン物件の契約で賃貸借契約書の書式や、単なる動産物(物品)譲渡契約の書式であれば市販品もありますが・・・・


実際、造作譲渡契約の書式も動産社さんから市販品があります。


しかし、造作譲渡するにあたっては「手順」が大切になりますので、書式があっても難しいものです。


さて、何が難しいのか?


そもそも賃貸借や売買の契約というものは、当事者双方が信義則に則り取引をすれば、契約書などの書面はいらず口頭でも合意すれば成り立ちます。(諾成契約)


ですから、何もトラブルや問題が生じなければ、難しいことは無いのです。


しかし、取引において「キャンセル」や「認識の相違」が起こることが多く、造作譲渡契約においては「多額の損害」を及ぼす可能性があるからです。


例えば、双方造作譲渡を売買によって合意し、売主が撤退準備を行い閉店日までお客様に告知したが、引き継ぐ新しい借主が貸主の審査の承認を得られなかった等です。


他にも考えられる双方のリスクは多くあります。


その互いのリスクを最小限にするため、契約書の書面の交付や手順が大切なのです。


双方、得するための居抜き物件ですからね(o^-')b

AD