居抜き店舗物件を借りる際、通常の賃貸借契約にかかる契約金のほかに「造作譲渡料」「造作譲渡代金」というものが発生する場合があります。


この「造作譲渡料」「造作譲渡代金」とは、前借主が造作した造作物や什器備品等の動産物の権利を、新しく店舗を借りる借主に譲渡する際に支払われる金員をいいます。


しかし、この造作譲渡料を支払えば当たり前に造作物の権利が移転されるのではなく、契約書上認められているか、貸主の承諾がなければ譲渡することができません。


近年、いくつか相談頂いたトラブルの事例では、この造作譲渡代金を権利者以外に支払ってしまったり、本来は無償の造作譲渡のはずが、居抜き店舗の仲介会社に上乗せされ譲渡されたことが、後から分かった等の話しを聞きます。


ですから造作譲渡料等が発生する場合には、その支払いによって造作や特定した什器備品等の目的物が、貸主の承諾と供に、譲渡が行われることを書面上で必ず確認取ることが必要です。



AD