店舗物件の面積の表示方法として、内法面積(うちのりめんせき)壁芯面積(へきしんめんせき・かべしんめんせき)というものがあります。


通常、店舗物件の契約面積は上記のうち、壁芯面積が多く使われます。


内法面積とは、専用使用部分を真上から見た際に柱、壁の内側の部分を言います。


壁芯面積とは、壁や柱の厚みの中心から内側の部分にて計算します。


テナントごとに所有者が違うテナントビルや分譲マンション等の区分所有建物の登記簿には、内法面積にて登記されますので、物件資料の表示と差が生じる場合があります。


店舗物件では、壁芯面積の表示が多いので、壁の厚みや柱の多さにより、同じ面積の物件でも実際の有効面積が大きく違う場合がありますのでご注意ください。(o^-')b



AD