理美容室やエステサロン、リラクゼーションサロン、ネイルサロン等のサロン店舗の物件選びをする際、あわせてその店舗の宣伝広告の戦略も考える事も必要です。


その中で大切なのが、物件自体が広告になることです。


そのためには、店の前に通った人が


「サロンがあるということを視認ができる」


「サロンの特徴を掲示し興味を持たせる方法がある」


「店の雰囲気を確認できる方法がある」


「価格帯が分かる方法がある」


等、視認・興味・安心・確認ができる事が大切です。


お店を見てその事が視認できるお店は、お客様の「記憶」に残り「行動」ににつながります。


最近では雑誌やインターネットで宣伝広告するのが主流ですが、その中で如何にインターネットや広告雑誌を利用しない顧客層を取り込むには、物件の視認性が重要になってきます。


物件選びの際には、広告戦略も考えながら選びましょう!



AD