店舗の造作放棄とは

店舗を撤退する際に、必ずあるのが原状回復義務です。


この原状回復義務に要する費用は、スケルトン復帰でも坪単価にして5~20万円程度を要します。


そして、この原状回復費用を免れるため、店舗の造作や什器備品を新しい借主に引き継がせる事が「造作譲渡でもあり、「居抜き店舗」となるわけです。


この造作譲渡や居抜き店舗の承継は、新しい借主がいることが条件となるため、期日までに見つからない場合は当然ながら原状回復をしなければなりません。


そこで原状回復費用を免れるもう一つの方法として「造作放棄」というものがあります。


文字通り、造作や什器備品の所有権を放棄し、ビルの貸主に譲るものです。


もちろん契約書通り、原則的には原状回復義務があるため、貸主にお願いする形式にはなりますが、認めていただける例も少なくはありません。


ここ最近では不況のせいもあり、また居抜きの流通が盛んになってきたため、新規テナント募集の売りとして貸主が望むことも多くなってきました。


この様に店舗を撤退する際も、早めの相談や交渉により費用の削減ができますので、是非ご相談ください!


サロン店舗の居抜き店舗のご相談は

「SALON PRODUCE」サロンプロデュース

AD