エステサロンやリラクゼーションサロンを開業する際、物件が決まってから全て準備するのでは、あまりにもすることが多く、準備が間に合わないなんてことにもなりかねません。


また、物件が決まってからオープンまでは「空家賃の期間」をいかに短くするかが、無駄な費用を削減するためにも大切になってきます。


そのためにも、「物件が決まってから準備する事」「決まる前に準備する事」を分け整理し、段取り良く開業準備しなくてはいけません。


それではサロン開業の際の「物件が決まる前(物件を探しながら)に準備する事」とは一体どの様な事があるでしょう。


●事業計画書の作成


●メニューの草案作成(物件決定後、料金設定するのみにしておく)


●店名の決定(ロゴ作成)


●ホームページのドメイン取得(内容の草案作成)


●内装業者の選定(時間があれば、実際の施工事例を一緒に見に行きましょう)


●求人広告草案・採用活動計画の策定


●印刷物の業者選定・草案作成


●備品・消耗品の仕入先選定・リスト一覧作成


●エステ機器の申込みから導入期間の確認


●カード決済代行会社の申込みから導入期間の確認


●就業規則・給与規定の草案作成


●店舗運営マニュアルの草案作成


●物件契約からオープンまでのタイムスケジュールの作成


と、最低限しなくてはいけないことだけでも、これ位はあるのです。


物件が決まってオープンまでの期間は1ヶ月位ですが、何かとすることや時間が取られることが多くありますから、物件が決まる前になるべくできることをしておきましょう(o^-')b



AD

コメント(2)