今日はこれから表参道の造作無償譲渡物件の内覧です。


居抜き店舗物件にて、「造作譲渡0円」「造作譲渡無償」「造作物使用可」など、造作譲渡の費用がかからない居抜き店舗物件があります。


弊社のサロン専門物件情報サイト「サロンプロデュース」 にもいくつか掲載されていますが、造作譲渡の費用がかからない居抜き店舗の場合は造作物が「残置物」という扱いになる事が多く、居抜き店舗の造作売買と違い、「造作譲渡契約」や「店舗資産譲渡契約」などの「動産譲渡」に係る契約は結ばれない事が多いです。


ですから、造作譲渡費用が「0円」でも、不要物の撤去費用、什器備品の修繕費用は必要になる場合があります。


また、造作物の機器の「動作確認」も保証されるものではありません。

(もちろん事前には確認できますが)


また、引き継ぎたい造作物の要望が必ずしも聞き入れてもらえるものでもありません。


ですから「0円」「無償」といっても、費用が全くかからないというわけではないのです。


造作譲渡の費用が一切かからない物件の場合は、本当に有益に使えるかどうか、見極める事が必要です!


もちろん弊社ではその様な物件の場合のアドバイスなどもさせていただきます(o^-')b


サロンの居抜き店舗物件のご相談は

「SALON PRODUCE」サロンプロデュース


AD