サロンの居抜き店舗物件を造作譲渡にて、造作や什器備品を購入する際、売主様も買主様も希望価格というものがあります。


そのなかで売主様の希望で一番多い価格帯が、300万円前後(広さ関係なく)


買主様で一番多い希望価格帯が、100万円以下


この様なデーターは当然なのですが、かなりの差があるといえます。


さて、この差を埋めるには当然「価格交渉」というものを行います。


居抜き物件の売却では、この価格交渉をいかにうまくするかが大きなポイントです。


解約予告を出しているのであれば期日が到来すれば、原状回復費用がかかってしまいます。


ですから、予め期日が迫るごとに価格の引き下げの基準も考えておく必要があります。


価格交渉を受け、思惑と違った価格を提示された際、「それでは売れない」と頑なに断るのではなく、「この時期まで売却できなかったらその価格にて応じます」といったようにしておくのも一つの手です。


大切な歴史のつまったお店を「値踏み」されるのは、あまり気持ちの良いものでないかもしれませんが、「損失をださない」ことが非常に大切です。


サロン店舗の居抜き物件の売却は

「SALON PRODUCE」サロンプロデュース







AD