よく弊社にたどり着いたお客様からこんなお話しを耳にします。


「あっちこっち不動産屋に声をかけて、いい物件がみつかったら資料送るように頼んでいたんだけど、いっこうに連絡も来ないし資料も来ないんだよね・・・」


確かにお客様が足を使って多くの不動産業者を巡り、声をかけるのは間違っていません。


しかし、なぜどこからも資料来ないのでしょう?


それは、好条件の物件が見つかった際の「対応」や「本気度」を伝えてないからかもしれません。


「好条件の物件」は、なにしろ「決まるのが早い」のです。


早いときには情報がでたその日に申込みが入り、1週間後には契約が終わるような場合もあります。


いわば、出店希望されているお客様を抱えた不動産業者同士で、いち早くその物件を取り合う様な状態になります。


どの不動産業者でも多くのお客様が日頃「好条件の物件」を探して訪れてきます。


そしてすぐ決まってしまう「好条件の物件」が出た際は、「本気度」が高い、すぐ「行動」して頂けるお客様に優先されてしまうのではないのでしょうか?


ですから逆にそれを利用し、「本気度が高いように見せ」「すぐ行動するように見える」様にすれば、自分が優先されるのではないでしょうか。


不動産業者をその気にさせるテクニックを身につけ、良い物件を見つけましょう!


事業計画書を活用するのもいいですよ!


ちなみに私はすぐその気になります・・・・・・(;^_^A


サロン店舗の物件探しは

「SALON PRODUCE」サロンプロデュースへ

AD

コメント(2)