弊社は、サロンに特化した不動産業であるため、お客様から必要な広さの他に、美容室であれば「必要なセット面とシャンプースペース」、エステサロン、リラクゼーションサロンであれば、「必要な施術室」をお聞きします。


そして、物件探しをして資料を取り寄せるのですが、資料を取り寄せた際、必ずといっていいほど「間取り図」が載っています。


その間取り図面を見てある程度、必要な施術スペースが取れるかゾーニングしますが、私どもは「間取り図面」を信用しません。


よく、物件情報の資料の下に


「図面と現況が異なる場合は、現況優先とさせて頂きます」


と記載してあるのを見た事ある方もいらっしゃるかと思いますが、本当に大分違う場合もあるのです。


ですから、間取り図面から見たら必要な施術スペースが取れないのに、実際見て寸法を測ったら「必要な施術スペース」が取れた。


逆に、配管等の関係で広さは充分なのに「必要な施術スペース」が取れないなんて事もあります。


やはり、店舗物件選びは「一見に如かず」なのです。


現在、物件探しをされている方は、あくまでも物件資料の「間取り図」だけで駄目だと決めつけない事をおすすめします。


その中に本当は「良い物件」があるかもしれないですよ(o^-')b


サロン専門物件情報サイト

「SALON PRODUCE」サロンプロデュース

AD