この不況に伴い、弊社のお客様の店舗でも経営の厳しさを耳にします。


店舗物件の賃料というものは、当然ながら借り手が多い時には上昇します。


しかし、ここ最近に来て、人気で賃料が高騰していた地域が、賃料が下落していたり、借り手がなかなか見つからなかったりしている状況です。


現在、サロン店舗を経営されている方の中には、最も賃料が高い時期に借りられ、賃料が経営を圧迫されている方も多いのではないでしょうか?


であれば、することはただ一つ「賃料の交渉」です。


賃料の交渉は、何も契約時や更新時だけでなく、してみる価値はあります。


例えば、1年だけ賃料を減額して欲しいなどの交渉も一つの手です。


中には一時の資金繰りの為、保証金を一部返還してもらった事例などもあります。


居抜き店舗物件として、店舗の資産を譲渡するのも一つの手ですが、出店する方や出店費用が減っているのは事実ですし、居抜き店舗が増えているのも事実の中で、高額で売却するのは難しいのが現実です


居抜き店舗の売却を考える前に、続ける方法も今一度考えてみてはいかがでしょうか?


その様なご相談も是非「SALON PRODUCE」へご相談ください!!


実は昔、私が経営していたバーも、途中の賃料交渉で50万から40万円に下がった事もありました・・・・元が高すぎたんですけどね(;^_^A


サロン専門物件情報サイト

「SALON PRODUCE」サロンプロデュース

AD