理美容室やエステサロン、リラクゼーションサロン等のサロン店舗の物件選びの際、必ず契約前にしなくてはいけないのが、「設備調査」と「ゾーニング」です。


ここでいう「ゾーニング」とは、必要なスペースをある程度区分し、レイアウトすることです。


特に20坪以下の店舗の場合、注意が必要です。


サロン店舗の業務の動線上、水周りや施術スペースの位置はある程度決まってきます。


その際、気をつけなくてはいけないのが「全く使えないスペース」、いわゆる「デッドスペース」ができてしまわないかということです。


15坪ぐらいの店舗で、3坪のデッドスペースができてしまったら、予想の施術スペースを一つ削減しなければなりません。


実際に、物件契約してから内装業者を依頼し、実際の考えていた施術スペースの数とかけ離れていた方もいらっしゃいました。


大幅に違っていれば、「最初から利益の見込めない店」を運営しなければなりません。



ですから、必ず契約前プロの方に設備調査とゾーニングはしてもらいましょう。


もちろんサロンプロデュースでは、その様なことにもご協力致します!



サロン専門不動産物件情報サイト

「SALON PRODUCE」サロンプロデュース




AD