今回は、サロン全般の居抜き物件について寄せられたご質問のQ&Aです!


また後日、美容室編・エステサロン編を掲載します!


Q 居抜き店舗の美容機器・什器備品が故障していた場合は?また引渡し後、保障期間はあるのですか?


A ご契約時前に故障していた場合は、売主に事前に申告していただいてます。また、造作譲渡契約時に現況の故障等の申告について、表明保証を契約書に記載致します。しかし、契約から引渡し時までの間に、善良なる管理者の注意を持って管理したにも関わらず、傷や軽微な損傷は現況引渡しになります。

また、引渡し後の故障等の保証は特約が無い限り、原則ありません。


Q カルテなどの顧客情報も譲渡できるのですか?


A 会社法の事業譲渡や商法上の営業譲渡では可能ですが、居抜き店舗の造作譲渡では個人情報保護法により、お客様の承諾無しでは譲渡できません。しかし、現経営者が、撤退時に新たな方によりオープンする旨の情報を通達することは、交渉により可能になる場合もあります。


Q 店名などもそのまま利用できますか?


A 前オーナーとの協議により可能です。しかし店名や電話番号の承継は、営業譲渡とみなされ、債務や役務まで承継する可能性があるので、弊社の造作譲渡契約書では原則使用禁止にしております。


Q 引渡し日はご相談できますか?


A 物件によりご相談にのれますが、解約通知の期限日(原状回復して明渡さなければいけない日)の都合上、ご相談いただけない物件も御座います。


Q 居抜き店舗の物件の造作を購入するにあたってかかる費用は?


A 造作は引き継ぎますが、契約は原則新規契約と一緒になりますので、保証金・敷金や礼金、前家賃、賃貸借の仲介手数料のほかに造作代金等の費用がかかります。


Q ゴミやいらない物などは処分して頂けるのですか?


A 多額の費用を要するゴミは、予め処分して頂きますが、原則現況引渡しになりますので、使用しないものに関しては事前協議するか、買主様で処分して頂きます。


Q 居抜き店舗物件の審査などは?


A 店舗の賃貸借契約は通常と一緒ですので、当然貸主様ご指定の審査はあります。よって、中には審査にてお断りされる場合もあります



Q 居抜き店舗として入居したら、退去時も居抜き店舗物件として売却できるのでしょうか?


A 原則、前借主の原状回復義務を承継して頂く契約になります。特約として交渉することは可能です。


まだまだありますが今回はここまでで(;^_^A


他にご質問ありましたら弊社サイト又はフェイスブックページよりご相談ください!


次回の第13回サロンアプリケーションズセミナー では、サロンの居抜き物件についてとことんお話ししたいと思います。


話す内容は

居抜き物件とは

居抜き物件の種類

居抜き物件のメリット、デメリット

居抜き物件の契約上の注意

居抜き物件の見極め方

居抜き物件活用術

居抜きのトラブル事例とトラブル防止策


ブログでは書けない、居抜き物件の実例もお話しします。


第13回サロンアプリケーションズセミナーはこちらをクリック


サロンの居抜き店舗物件は

「SALON PRODUCE」サロンプロデュース

AD