理容室や美容室、エステサロン、リラクゼーションサロン、ネイルサロン等のサロン店舗を、初めての開業や独立などで物件を借りる際、一つの難関なのが物件の与信審査です。


もちろん貸主にもよりますが、貸主によっては「実績」を審査の中で重要視する人も少なくはありません。


その様な貸主の審査で、「入居申込書」1枚で判断されると保証金の交渉などはもちろん難しくなりますし、さらに保証会社の利用を求められ初期費用がさらに増えてしまう場合があります。


さらに、入居申込者が他にもいる場合は、初めての独立開業者は不利になる場合も少なくはありません。


それでは、少しでも審査を有利にするにはどうしたらよいのでしょうか?


一つは以前にお話しさせていただいた「事業計画書の活用」 です。


さらに、独立される方の「経歴書」があれば尚更良いでしょう。


要は審査する際、自分に有利に働くような「審査材料」を増やす事が大切なのです。


事実、過去にその2点を貸主様に提出した際、貸主様から「保証金の減額や賃料の減額」の申し出があり、さらには開業後、地域の方に熱心に宣伝をし応援していただいた例もありました。


貸主も「保証」も大事ですが、「いい人」に借りていただきたいのです。


サロン店舗を開業するにあたって、「試して損は無い」事を多く活用し経験してみてはいかがでしょうか?


サロン開業の物件探しは

「SALON PRODUCE」サロンプロデュース




AD

コメント(2)