理容室や美容室、エステサロン、リラクゼーションサロン、ネイルサロン等のサロン店舗の物件探しをしている際、分譲マンションの1階路面店舗物件に出合うことがあります。。


賃貸マンションとは違い、分譲マンションならでは気をつけなければいけない点があります。


分譲マンションは、専有部分ごとに所有者が違い、それぞれ区分所有者がいます。


そして、そのそれぞれが組合員となる管理組合というものが存在し、その分譲マンションを管理する上で取り決めた管理規約、そして使用方法などを細かく定めた、使用細則というものが存在するのです。


その、管理規約や使用細則には、テナント部分の業種の制限や営業時間のほかにも使用電圧量の制限、排水の制限なども取り決められている場合があるのです。


仮に店舗部分の区分所有者や仲介不動産会社が許可をしても、管理組合の許可無しでは、電気容量等の工事がおこなえない事も多くトラブルの元になることも少なくありません。


ですから、分譲マンションの1階店舗に店舗として入居する際は、管理規約や使用細則を事前に確認しておくことが必要です。


サロン開業の物件探しは

「SALON PRODUCE」サロンプロデュース


第8回サロンアプリケーションズセミナー ~出店、開業編~では、出店に際して最低限知っておきたい不動産知識をお話しします!


また、美容室出店不動産読本も無料配布!


詳しくはこちら!

第8回 サロンアプリケーションズセミナー~出店・開業編~のご案内


AD