店舗の物件探しは時間と労力を非常に使います。


その中でやっと気に入った物件!


しかし、自分の気に入った物件は、時として同じくその物件を気に入った競合とぶつかる場合があります。


その競合が同業種であれば、尚更その物件を取られたくはありません。


その時打ち勝つにはどうしたら良いのでしょうか!?


物件の審査にはもちろん資力や規模で選ばれる場合もありますが、ほぼ互いに同条件の場合、入居申込み時の対応が大きく左右されます。


それには入居申込み時に競合に打ち勝つための準備が必要です。


まずは事業計画書(簡単にサロンコンセプトをまとめたものでも構いません)


会社概要(個人で独立であれば簡単な経歴書があると尚良いです)


資力のある連帯保証人(事前に確認しておき申込書に空欄無く書ける様にします)


法人登記簿謄本(個人の方であれば住民票)


法人であれば2期分の決算書個人であれば収入証明(求められたときにすぐ提出できる様に)


このぐらい揃っていれば問題ないかと思います。


後は、入居申込み書を丁寧に空欄無く書き込み、捺印欄があれば忘れずに押すことです。


交渉があるならば、要望書や取りまとめ依頼書などに丁寧な文面で書面にまとめて提出するのが良いと思われます。


これから長きに渡りテナントを貸す方にとっては、きちんとした方に貸したいと思うのが当然です。


「借りてやる」の姿勢で、良い物件を同業他社に取られてしまっては元も子もありません。


良い物件を確実に取得するための策を講じ、良い開業ができるようにしましょう!


もちろんこの入居申込みの時は、私ども仲介会社の腕の見せ所です(o^-')b


あとはど~んとお任せくださいp(^-^)q


サロン専門不動産会社が運営するサイト

「SALON PRODUCE」サロンプロデュース






AD