居抜き物件を売却するにあたって、必ずしておかなければ後々トラブルになる、必要な事項があります。


それは、貸主様の造作譲渡の承諾です。


また、管理を行っている不動産会社があれば、そちらにも承諾のお願いをしたほうがよいでしょう。


まして、弊社の様な物件情報サイトに掲載するのであれば、無断で掲載するといざ買受人が見つかった際、勝手に募集をおこなっていた造作の売主様、その管理業者様も快く思うことではありません。


快く思われてない中で取引を進めるの、は更にトラブルが大きくなる可能性もあります。


また、貸主様も今回の借主様が退去なされた後は、大幅な条件改定を行う可能性もありますし、建て替えも将来視野に入れていれば、普通賃貸借契約から定期借家契約にする可能性もあります。


この様にせっかく造作の買受人が見つかっても、大幅に条件が変わってしまっては、話しが壊れる可能性どころかトラブルになってしまいます。


だからといって、造作の売様が居抜きの売却や造作譲渡の事を説明して、貸主様や不動産業者様から承諾頂く事は容易ではないかと思います。


その際は是非、弊社の無料相談をご利用ください(o^-')b


居抜き物件売却のご相談は

「SALON PRODUCE」サロンプロデュース





AD