居抜き物件の造作、什器備品を購入するにあたり、気をつけなければいけないのが「ゴミ」や「不用品」の撤去費用です。


これに関しては譲渡人と譲受人で考えの相違のトラブルが一番起きやすいといえます。


譲渡人は「現況引渡しなんだからそのまま渡せばいい」


譲受人は「原状回復免れて、造作代金も支払ったんだからそのぐらい処分してほしい」


と当然ながら自分にとって都合の良い考えになるのです。


ゴミといっても産業廃棄物ですから、物によっては処分に多額の費用がかかるので注意が必要です。


ですから予め譲渡物の特定の際、ゴミや不用品の処分費用の取り決めをし造作譲渡契約書にも記載するほうがよいでしょう。


サロンプロデュースでは、個人間の造作譲渡契約の取引等のアドバイスや手続きの相談のサービスも行っております。


詳しくは弊社ホームページの下記Q&Aよりご覧ください。


サロン店舗の造作譲渡のご相談は

「SALON PRODUCE」サロンプロデュース



今回の第22回サロンアプリケーションズセミナー出店、開業、経営編では、開業・出店する前に最低限知っておいた方が良い知識を各分野の専門家がお話しします。


私は、もちろん最低限必要な不動産知識についてお話しします!


第22回サロンアプリケーションズセミナー出店、開業、経営編のご案内

AD