定期建物賃貸借契約の内容については以前のブログテーマ「定期建物賃貸借契約について」 でお話ししましたが、今回は定期建物賃貸借契約の終了についてお話しさせていただきます。


定期建物賃貸借契約は期間満了により契約が終了するという契約ですが、自動的に契約が終了するものではありません。


期間が1年以上の定期建物賃貸借契約の場合、期間満了の1年前から6ヶ月前までの間の通知期間内に、賃貸人は賃借人に対して、期間満了により契約が終了する旨の通知を行わなければなりません。


これは、再契約するのか、違う場所に移転するのか考えたり、契約満了による準備をする期間を事前に喚起するための通知であり必ず行わなければいけない手続きです。


賃貸人がこの通知を忘れて通知期間後に通知した場合は、同一条件の契約内容でその通知日から6ヵ月後に契約が終了します。


この通知は口頭でも構いませんが書面による通知が間違いがなく良いでしょう。


尚、賃借人側は通知が無くとも期間満了により自動的に契約を終了させることができます。


また、1年以内の定期借家契約は双方通知が無くとも自動的に契約が終了します。


サロン専門不動産サイト

「SALON PRODUCE」サロンプロデュース

AD