美容室やエステサロン、リラクゼーションなどのサロンを開業する際、融資を受けるために事業計画書を作成しますが、物件選びにも事業計画書を活用することをおすすめします。


まだ作成してなければ、融資用の様にしっかりしたものでなくても構いません。


一般の不動産業社の中には、美容室に必要な電力量やガス容量、給排水施設は知らないことが多いですし、また、不動産業者の中にはエステサロン、リラクゼーションサロンと聞くと風俗を連想されてしまうことも少なくないからです。


ですから、どの様な事業を行うか、コンセプト等を明確に伝えてあれば、誤解は起きませんし最低限その事業を行う上でのインフラの整った物件が紹介されます。


気に入った物件を見つけた際も、申込書と一緒に事業計画書を提出すれば審査に非常に有利に働きますし、交渉の際もかなりプラスになります。


将来、サロンの独立や開業を考えている方は今から少しづつ事業計画書を作成しておく事をおすすめします!


サロンプロデュースでは、事業計画書の作成アドバイスも行っております!


サロン開業の物件探しは

「SALON PRODUCE」サロンプロデュース

AD