居抜き物件の造作を売買する造作譲渡契約では、普通のスケルトン物件店舗の賃貸借契約と違いトラブルが起きやすく注意が必要です。


なぜトラブルが起きやすいのかといいますと


■登場人物が多い

造作譲渡では貸主の承諾が必要ですし、物件の造作の売主、管理会社、客付け不動産会社、造作の買主等、多くの利害者が入り混じり取引を行います。



■温度差ができやすい

居抜きや造作譲渡という曖昧で確定的定義のない取引なゆえ、造作の買主、売主で考えの相違が起きやすい。

引渡日の相違も起きやすいトラブルです。



■二つの契約

居抜き物件の売買では、造作譲渡契約のほかに賃貸借契約も行い、大事な書面も数多く取り交わすため混乱しやすい。


■支払先が多い

契約金や造作譲渡代金、仲介手数料などその案件ごと違いますが、支払先がいくつも分かれ、また造作譲渡の手付金契約などがあれば、支払い時期も分かれるため、金額や支払い時期の相違が起きやすい。


などが主にあげられます。

さてそれではトラブルを防止するためにどのような策を講じたらいいのでしょう。


重要な部分だけ列挙します。


●随時、形に残る書面、メール等で取引する。

●最初に取引の対象物、契約時期、引渡時期、支払い時期、金額を確認する。

●立会人や仲介会社がいる場合、窓口を取り決め取引の流れを明確にしてもらう。

●それぞれ署名捺印する書類は事前に当事者双方確認する。


等まだまだありますが、基本的に注意することを申上げました。


細かくは以前のブログでブログテーマ「居抜きとは 造作譲渡とは」「居抜き物件 売却」 にいくつか記載してありますのでご参考ください。


AD