サロン店舗の物件選びの際に、美容業の特殊性に基づいて、物件の内覧調査をします。


ここで、物件の欠点には皆様気づかれるのですが、周囲環境を見渡した将来的、又は外部的リスクについて見落としがちな場合があります。


内装業者様と一緒に現地調査をすると、物件の欠点は意外に問題が解消され、良い物件と考え方が変わる場合があります。


しかし、外部的リスクや将来的リスクを見落とすと、致命的な打撃を受ける場合があります。


例えば


貸主の資力(保証金が返還されないどころか競売になり立退きになる可能性)



近隣に大手出店計画や複合商業施設できる予定や可能性、又は商業施設閉鎖の予定



隣のビルに重飲食や、騒音を発する店舗の入居する可能性(臭い)



夜の環境が悪く、屋外広告物が壊される頻度が高い



テナントビル自体の客層が悪い



など他にもありますが。


物件選びは総合的に考えないと、後で後悔する破目になってしまいます。


サロン開業の物件探しは

「SALON PRODUCE」サロンプロデュース

AD