店舗を賃貸で借りるにあたって、条件交渉がひとつのポイントになってくるかと思います。


条件交渉をするのにあたっていくつかの注意点をお話させていただきます。


まずは貸主によって、交渉される事を予測した賃貸条件か早く借主を見つけるためギリギリで設定した賃貸条件かで全く違います。


周辺に比べて全然安いのにかかわらず交渉すれば、貸主の気分を害することになってしまいます。


交渉をするにあたっては事前の近傍の賃貸条件をしっかりと調べておくことです。


通常、賃貸条件の交渉では入居申込書を提出するのと同時に行いますが、この入居申込書の内容によっても交渉の可否があるかと思います。


一番理想的なのは入居申込書を空欄の無い様に記載し、事業内容、事業計画なども一緒に提出すれば交渉に有利になるでしょう。


また、別紙に「取り纏め依頼書」を作成し、丁寧に交渉内容やなぜ必要なのかを記載し提出すればもっと良いかもしれません。


それは、貸主に交渉する不動産会社の社員が必ずしも交渉力があるとは限らないからです。


いくら、借主が丁寧に交渉内容を伝えたからといって、その不動産会社の担当が交渉内容の主旨を伝えきれない可能性もあるからです。


交渉内容の回答等も書面やメールで貰うのが望ましいです。


尚、くれぐれも賃貸条件の交渉でしてはいけないのが「後出し」です。話が進んだあとにさらに交渉をすることによって話が壊れることもあります。


どうしても必要な場合は別ですが・・・


今回は私の観点の賃貸条件の交渉についてですので、あくまでご参考まで・・・(o^-')b


サロンの不動産のことなら

「SALON PRODUCE」サロンプロデュース

AD