不動産の賃貸借契約を結ぶ際には、契約内容を明確にし、契約後のトラブルを防止するために「賃貸借契約書(賃貸借契約証書)」が作成され、貸主(大家さん)、借主(入居者)、連帯保証人が記名押印し、貸主、借主、双方が1通ずつ保持することとなります。



契約書のチェック事項


■契約書は納得してから署名する

■家賃の金額・支払い方法は


■中途解約の方法は?


■修繕費を誰が負担するか?


■禁止事項は?


■更新料は?


■家賃の値上げについて





■契約期間の始まる日は?

■契約の解除について


■敷金がどのくらい戻ってくるか?



■不利な特約が無いか?


「特約・禁止事項」など後々トラブルとなりそうな事柄が記載されていますので、必ず確認しましょう!


特に特約事項はよく確認しないとトラブルの元になります


事前に説明される重要事項説明時前には契約書のチェックも行いましょう。


サロン開業のご相談は

「SALON PRODUCE」サロンプロデュース







AD