入居審査の承認がおりるとこれでもう借りられると安心しがち!


契約前に必ず確認しないといけないことがあります


●建物登記簿謄本を必ず確認する
抵当権の債権者は正当な企業か?差押など登記されていないか?競売になった場合、保証金が戻らないことも!共有者がいた場合は連名にて契約します!


●看板設置場所、使用料等は契約前に覚書や使用承諾書を!
意外と多いのが看板設置場所のトラブル!しっかりと書面に残しておくこと



●契約3日前までには重要事項説明書・賃貸借契約書の確認を!
申込み条件と相違は無いか?不利な特約が入ってないか?しっかりと確認し不利な条項は削除してもらいましょう。借主に不利な特約は違法です!


●契約金、賃料の振込先は正当な貸主に(登記名義人に)なってるか?
契約金や賃料の振込先が業者や登記名義人以外の場合、登記名義人からの書面を貰う


●他にも事前の約束があるなら契約書に記載か覚書を交わすこと

契約後すぐにその約束の履行期なら良いのですが、何年も先のこともあるので必ず書面に残しておきましょう


プロだと思って不動産業者に任せきりだととんでもないめに!


サロン開業の物件選びは

「SALON PRODUCE」サロンプロデュース

AD