諦めない気持ち

テーマ:

【目標を達成できた時の感動を一緒に感じれた】

 

こんにちは。

 

毎年この時期に八尾市では小学生を対象に

なわとび名人検定・なわとびチャレンジ

が開催されています。

 

{7BEAEDFF-CFA3-401F-8D42-8276DB31F161}

今年は小学生組3人とも参加しました。

長男は名人検定のほうを。

長女と次男はチャレンジのほうを。

 

長男は初めての名人検定

初段は取りたい。取れると思う。と自信満々。

長女は1級が目標。

次男はできるところまでやってみる。

でした。

いざ、名前を伝えていただいたチャレンジカードをみて長女の表情が硬くなったんです。

1.2年。3.4年。5.6年。

で内容が違う。

そこで長女は【できない。1級は無理】

と、できないモードに・・・

 

「できるよ!やれること、精一杯したらいい!できるまで何度もチャレンジしたらいいよ!」

 

と背中を押したつもりでしたがやる気スイッチは押せず・・・

前半はほとんど検定員のところに並ばず、ずっと練習。

 

私の気持ちは

「体力使うだけでもったいない。何回も並んでチャレンジしたらいいのに。できてるのに・・・」でした。

 

 

時間が限られているので長女を呼び目標設定をしました。

「絶対この級はとりたいっていうのは何級?」

「5級」

「そうか、5級なんやね。あと二つクリアすれば5級になれるね!

この中からできそうなのはある?」

 

「ん~だって~できひんもん~」

 

「他のんで、できそうなの ないの?」

 

「ん~わからん~」

 

「できひんからわからんになった!やったことはある?」

 

「うんある。」

 

「一回もできたことない?」

 

「それは~ある・・・」

 

「あるんやな!どれ、できたことあるん?」

 

「これとこれ!」

 

「これとこれできたことあるんやな!ちょうど2つやん!」

 

「さっきさ、次男くん何回も何回もチャレンジしたら2重跳び2回もできて

あやとびもまさかの6回できてん!長女ちゃんもチャレンジしてみーひん?」

「ん~~~。行ってくる」

 

・・・・・

 

「ママ~できた~!5級取れた~(涙)」

 

「やったや~ん!(涙)何回もチャレンジしてよかったね!がんばったね~!!」

 

一緒に涙しました。

もうあきらめて機嫌悪くなって、今年は終わりなのかとおもっていたので。

 

長男も次男もがんばってた!

だけど今日は長女の頑張り、あきらめずに目標にむかってチャレンジをしていたことに感動しました。

 

【諦めないきもち。やればできる!】

を、実感できた日になったんじゃないかな。

 

 

ライン@再始動しました!

ぜひお友だちになってください!

よろしくお願いします。

友だち追加

 

 

AD