国際医療 Specialist Moe!

 自分の身体を知って病気も美容もコントロール!
 世界の健康ニュースと美容について!!
 面白裏技や豆知識まで情報満載です!


テーマ:




こんにちわ^__^


皆さんは、夏バテしていませんか?


最近、とても相談で多いのが、「夏バテに良いアロマは、ありませんか?」


「頑固な疲労に良い方法はありませんか?」 「暑くて熟睡できない。」


「日中眠くて、何もやる気がおきない」等、皆さん、かなり疲れています^__^


そこで、とても、万能な精油をご紹介します。


特に、夏は絶対に持っておくべき精油です^__^


また、精油を買っても、実際そのように使用して良いか、今いちわからないという声も多いので、


使用方法もご紹介します。


その優秀な精油とは、皆さんが聞いた事がある「ペパーミント」です。


絶対に持っていると、万能に効果を発揮してくれる、優れ物です!!


それでは、ペパーミントのすごい効果をご紹介します。



ペパーミントは冷やさない?体内を温める!!

ペパーミントというと、身体が冷える気がすると思いますが、実はペパーミントは加温作用があり体内を温めます。では、なぜ、身体が冷えている気がするのでしょうか。実は、ペパーミントの化学成分であるメントールには、体内の冷感受容体を刺激して、脳に涼しいと勘違いさせる感覚を与えているのです。ペパーミントの香りを嗅ぐだけでも、4℃も体感の温度を下げてくれる、優秀な精油です。特に、夏には、欠かせない精油です。



■1滴で?ペパーミントティーの28倍の効果?

ペパーミントというと、身近にある物は、ペパーミントティーですよね。ペパーミントティーも食後に飲むと、消化を早めたり、胃腸や発熱時に効果がります。ただし、効果を早く実感した時には、ペパーミントの精油が一番お勧めです。ハーブと精油の違いは、精油はハーブをぎゅっと濃縮した物です。


下の画像を見て頂くと、わかりやすいのですが、簡単に言うと、精油の1滴には、ペパーミントティーを28杯飲むと同じ濃縮されたメントール成分が入っています。






ペパーミントのすごい効果と使用方法


①うつ病を緩和

ストレスが多く溜まってくると、ストレスホルモンである、コルチゾールという物質が体内に分泌され始めます。この物質が多く分泌されると、心身に悪影響を及ぼし、うつ病の原因となります。

うつを緩和するには、脳内のドーパミンという神経伝達物質を分泌させる事です。ドーパミンは集中力、やる気の精神機能を高め、人に快楽を感じさせてくれます。ドーパミンが分泌されている時は、ストレスホルモンである、コルチゾールは分泌されないのです。

実は、このドーパミンの濃度を簡単に増加させるには、驚く事にミントが効果的なのです。ペパーミントの中に入っているメントールという有効成分が、脳内のドーパミン濃度を増加させ、どんよりとしたうつの気分を緩和してくれます。



②筋肉痛の緩和

ペパーミントは筋肉のケアにとても効果がり、筋肉痛はもちろん、繊維筋肉痛症や筋筋腹痛などの疾患にも効果があるという研究もでています。オイルと混ぜて痛む部分に塗布するだけで、痛みや筋肉を緩和してくれます。


③頭痛の緩和

ペパーミントは、ドイツの大学病院の研究結果でも明らかになっているように、頭痛を緩和する効果があります。偏頭痛にも緊張頭痛にも効果があり、これは、ペパーミントが持つ成分に、加温と冷却の2つの効果を持ち合わせているからと言われています。

頭痛持ちの人は、こめかみにつけて下さい。また、香りを嗅ぐだけでも、頭痛の緩和になると言われています。


④熱を下げる

発熱時に、ペパーミントの冷却作用と抗ウイルス作用、抗菌作用を使用し、オイルと混ぜて首と胸、足裏に塗って寝ると、熱を下げてくれます。これは、寝苦しい夜にもお勧めです。



⑤育毛効果

シャンプーにペパーミントオイルを2、3滴垂らして髪を洗うだけで、髪を太くし、毛穴を洗浄してくれます。


⑥消化不良やガスだまり

ペパーミントオイルは胃薬としてい、使用されていた事もあり、腸の痙攣やガスだまりの消化不良の時に、小腸の筋肉をリラックスさせてくれます。過敏性症候群にも効果が高く、研究結果で、75%の患者のうち5 0%が効果があった事も知られているくらい、整腸効果が高い事で知られています。

1リットルの水にペパーミントを1滴入れて、食事前に飲んで下さい。三回に分けて下さい。


⑦口臭と虫歯、歯の痛み

ペパーミントはマウスウォッシュより虫歯をへらしたという研究結果もでています。水にペパーミントを数滴垂らしてうがいをするだけです。歯の痛みを抑えるには、ココナッツオイルとペパーミントを1:1にして痛む部分の歯と歯茎をマッサージします。


⑧吐き気止め

医療の研究結果でも明らかになっていますが、ペパーミントオイルは化学療法の吐き気止めより、効果があります。水に1滴入れて飲むか、耳の後ろに数滴つけておきます。 


⑨癌のトリートメント

ペパーミントは前立腺ガンの進行を抑える事が明らかになった研究や、放射線の発がん作用から細胞も守ってくれる為、研究が進められています。この場合は、カプセルに精油を入れて飲用します。これは、医師と医療セラピストの指示の元、行います。


⑩集中力と頭脳明快

ペパーミントのメントールは天然のエネルギー源と言われていて、眠気覚ましはもちろん、テスト前や試合前、運動前にコメカミに塗布するだけで、パフォーマンスを上げ、集中力をUPしてくれる為、持ち歩いておくと便利です。


⑪かゆみ止め

メントールは、抗炎症効果や鎮静効果が高いため、かゆみ止めとして使用できます。また、虫よけにもなり、虫さされのかゆみも緩和してくれます。かゆい部分に、オイルと1:1で希釈して塗るだけです。


⑫二日酔い

香りを嗅いで嗅覚からの成分吸収も良いですが、海外だと、水に精油を1滴垂らして飲んでいます。二日酔いによる頭痛や吐き気、だるさに効果的です。



⑬足の疲労とむくみ

ペパーミントは、冷却と加温の両方の効果を持つため、疲れ切った足に効果的です。足湯をする際に、5滴、精油を入れて下さい。もしくは、オイルと精油を混ぜて足(Foot)の部分をマッサージするだけで、疲労感もむくみもとれます。


⑭鼻づまりや花粉症

アレルギーを緩和する事でも有名な精油ですが、お勧めの使用方法としては、綿棒で数滴とり、鼻の中に塗布して下さい。また、鼻の上からマッサージする事もお勧めです。



精油は、香りを嗅ぎリラックスする使用方法だと、安い物で良いと思いますが、マッサージや飲用、塗布す


るには、必ず品質の良い商品を使用して下さい。


私が、お勧めしている商品は、医療用アロマで海外で使用されている精油です。


コレです。これは厳しい基準を全てクリアしている本当に優秀なブランドです^__^


詳しく知りたい方はペパーミント(Panacea Pharma)




1つ持っていると、多様に使用でき、夏はすぐに使用しきってしまいます。


特に今の時期だと、お風呂に入れたり、ボディーシャンプーに混ぜて使用すると、本当に気持ち良いです。


外出先で、歯が磨けない時、食事の後に、うがいしたり、眠気さましや、頭痛、かゆみ止めなど、多種多様


に活躍してくれます。胃腸が弱い方には、特にお勧めの優秀オイルです。


アメリカの医療だと、精油をカプセルの中に入れて飲用するんですよ^__^


そのようにして、癌などの疾患の研究で使用してるんです!


以上です


IFA MOE





いいね!した人  |  リブログ(0)